お金借りる バレずに



お金を誰にもバレないで借りる方法はあるの?

女性

女性

『誰にもにバレずにお金を借りたい』と思っている人はかなり多いハズ。でもどうすればバレないで借りることができるんでしょうか?それにはあるポイントがあります。

ズバリWEB完結のサービスを利用しましょう。

\即日審査で融資も大丈夫/
バレずに今すぐ借りれるカードローンは

LPバナー 200x200

◎モビットの基本情報
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査
運営会社 三井住友銀行グループ
株式会社モビット
モビットの公式サイトへ
モビットの公式サイトへ
プロミス

カードレス

◎プロミスの基本情報
実質年率 4.5%~17.8%
限度額 500万円
審査時間 最短30分
運営会社 三井住友銀行グループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
インターネットならネット上のみですべて申込みが完結できます。でも初めてだからわからない。そんな人のために電話でオペレーターがしっかりと対応もしてくれます。女性オペレーターによる対応がお客様にも人気で、『プロミスレディース』は男性でも利用できます。女性オペレーターによる対応がご希望の方はこちらからどうぞ。

↓※男性の方もご利用頂けます。↓
プロミスレディースの詳細はこちら>>

プロミスの公式サイトへ
プロミスの公式サイトへ

誰にもバレずにお金を借りられるの?

キャッシングを利用する際に、どうしても気になるのが「家族バレ」や「会社バレ」です。家族や同僚にキャッシングを利用していることを知られたくないというのはキャッシングを利用する方の多くに共通する悩みです。

キャッシングを利用していることがバレてしまう理由は、郵便物がほとんどです。特に自宅に届けられる郵便物を自分が不在の時に受け取って知られてしまう、というケースは良くあるようです。

会社バレにかんしては、在籍確認の電話が心配だと思いますが、実はこちらからバレてしまうことはそうそうありません。あり得るとすれば、電話を受け取った人がこれまでにキャッシングを利用したことがあって、無神経にそれを言いふらしてしまう、なんていうケースくらいでしょう。こちらは相当なレアケースです。

つまりは、会社バレはあまり心配しなくても大丈夫です。より詳しくは後述いたします。ですので、誰にも知られずにキャッシングをする上では郵便物に対してどのような対策をするか、が重要になりますが、その際にオススメなのが、一部のキャッシングが行っている「WEB完結」を利用することです。

こちらはなんと、申し込みから借入までをWEB上のやり取りで全て完結させることが出来、郵便物も無くすことが出来るのです。

WEB完結のカードローンってどんな仕組み?

WEB完結を取り扱っているのは、消費者金融の「プロミス」と「モビット」です。それぞれの流れを見ていきましょう。

まず、プロミスのWEB完結ですが、こちらは24時間365日申し込みの受け付けを行っています。ですので、WEBサイトから申し込みを行い、所定の記入事項にすべて記入し、必要な書類をスキャナーや写メなどで送付します。
そして、次は審査です。審査はメールか電話のどちらかを利用者が選択して、連絡が来ます。

無事に審査が通れば後は契約と借入です。郵送を無くすためには、契約をする際に「カード不要」を選択するのを忘れないようにしましょう。

あとはカードの発行も無く、郵送物も無く、ネットで借入ができるようになります。また、後程にカードが必要になった際でもカードの発行は可能ですので、そちらも覚えておきましょう。

次はモビットです。
最初に注意事項として、モビットは「三井住友銀行」か「三菱東京UFJ銀行」の銀行口座を持っていないとWEB完結を利用することができないことを知っておいてください。持っている方のみ、WEB完結を利用できます。

また、もう一つの条件として社会保険証か組合保険証を持っていなければなりません。
原則としてはプロミスのWEB完結と手順は同じです。申し込みをして、記入事項に入力、必要書類などを専用サイトやアプリで送付し、審査を受けて、その後に契約を済ませてカードレスで借入ができるというものです。

ただ、モビットの場合は本人確認などの電話連絡がないことや、社会保険証か組合保険証を確認するので、在籍確認の電話が無い、という特徴もあります。
なお、口座振り込みをする場合には平日の9時から14時50分までに手続きを完了する必要がありますので、お気を付け下さい。

WEB完結できない場合はどうすればバレないの?

WEB完結ができなくとも、郵送自体を無くすことは実は簡単です。
何もしなければ確実に送られてくる郵送物は「キャッシュカード」と「利用明細書」です。したがって、これらが送られないように対策をするだけで十分なのです。

まず、申込みなどをネットから行ったとして、振込やカードによる借入を希望する場合でも、カードの受け取り方法を「自動契約機」にすることです。
最寄りの自動契約機コーナーにわざわざ行く手間はありますが、カードを無人契約機で発行すれば、郵送物は無くなります。

利用明細書に関しては、WEB明細を利用するか、ATMなどを利用した際に、その場で明細書を発行するようにするだけで十分です。
WEB明細は利用契約時に設定することができますので、忘れずに設定してもらうようにしましょう。

それでも消費者金融から郵送物が送られてくるケースは?

対策をしなければほぼ確実に送られてくるのはキャッシュカードと利用明細書ですが、それ以外にも送られてくる郵送物はいくつかあります。ただし、送られてくる理由が確実にあるものに限られています。

まずは、返済の催促案内です。こちらは返済を延滞してしまい、何も連絡をせず、電話やメールなどの催促を無視していると送られてきてしまいます。
そもそも延滞をしないように注意をするだけでいいのですが、どうしようもない事情で延滞をしてしまうこともあるでしょう。
もしも、延滞をしてしまうような場合には、自分から消費者金融に連絡したり、ケータイなどに電話がかかってきたら素直に対応をするといいでしょう。きちんとした理由があれば、適切な対応をしていただけますし、何より自宅に郵送物が届けられることはありません。

そして、もう一つはカードローン会社からの案内状です。
こちらは郵送されてくるメールマガジンのようなものだと思ってください。むろん、必要のない案内状ばかりが来ることもありますので、事前に電話でオペレーターへ案内状はいらないと断っておくと、郵送されなくなります。覚えておきましょう。

電話の在籍確認は心配する必要はない

在籍確認に関しては、そこからキャッシングを利用していることがバレてしまうことはそうそうあり得ません。
第一に、電話が来たとしても、その電話がキャッシング会社からの電話、ということはバレないようになっています。
オペレーターも個人名で電話をかけてくれますので、決してキャッシング会社の名前を口にすることはありません。

また、在籍確認の電話は自分が出られなくとも大丈夫です。要はその勤務先に利用者がいることが証明されればいいだけですので、オペレーターが電話に出た方に今現在いるかどうかを尋ね、不在、席を外している、外出している、などの返答が来るだけでも十分なのです。

もちろん、自分が出ても結構ですし、オペレーターが電話をかける時間はある程度は指定することができるようになっています。
そのため、自分がいる時間に電話をかけるように指定することも可能です。

なお、自分はどうしても電話に出られない、と言う場合には他の会社の方に出てもらう必要がありますが、その際に「キャッシング会社から電話がある」とはなかなか伝えられないでしょう。その際には「クレジットカード会社から連絡が来る」と言っておきましょう。クレジットカード会社でも同様の在籍確認を行いますし、そちらなら特に問題もありません。

後は、無事に電話に出てもらって、在籍確認ができればオッケーです。