学生 お金借りる



学生でもお金を借りられるの?

学生

学生

キャッシングが可能な人は大手の金融機関では、「満20歳以上」で、「定期的な収入があること」が条件となっています。
年齢に関してはここの会社ごとに違う上限がありますが、下限は一緒ですので、満20歳以上の学生であれば、その条件は確実に満たすことが出来ますし、定期的な収入があればいいのです。

つまり、満20歳以上でアルバイトをしている学生であれば、お金を借りるのは条件的には不可能な事ではありません。
20歳はもう法律上も大人として扱われる年齢で、キャッシング会社としては借入をする人に返済能力があるかどうかが問題なので、希望金額次第ではアルバイトだけが収入であったとしても、定期的な収入とみなしてお金を貸し出すことは珍しい事ではありません。

逆に言えば収入が無ければ20歳以上であっても、学生であっても無くても返済能力が無いのでお金を借りることは絶対にできません。

もちろん、19歳、未成年の子供はお金を借りることが出来ず、もし仮に借り入れの際に親権者の同意書があったとしても、それを金融機関側は破棄することが可能です。また、ほとんどあり得ないことだとは思いますが、身分を詐称して未成年であることを隠して契約を結んだ後で、未成年であることが発覚すればその契約の取り消しも金融機関側は行えます。

その場合には何かしらの法的な措置もあるかもしれないので、まだ20歳未満と言う方は、借入を考えないようにしましょう。

学生がお金を借りる際に注意すべきこと

学生がお金を借りる際には総量規制に注意しましょう。
総量規制は、消費者金融から借り入れをする際に年収の3分の1以上の借り入れができないという法律です。

学生のアルバイトであれば、年収が100万円あるかないかだと思いますので、平均では30万円くらいでしょう。つまいは、最高で30万円くらいしか学生はお金を借りられないことが多い、ということです。もちろん、それ以下になることもそれ以上になることもあるでしょう。

また、借入をする詩には収入証明書が必要にならない金額に抑えた方がいいです。とは言っても、必要になるのは50万円以上となることがほとんどですので、学生バイトの身分であれば、早々借入をすることはないでしょう。

ちなみに、学生専用の学生ローンというものが中小の消費者金融や銀行カードローンにはありますが、必ず収入証明書が必要で、審査がそれなりに厳しくなりますので、実際は学生の方にはあまりおすすめはできません。それなら、即日審査や即日融資ができ、条件が整っていれば審査に通過する可能性も高い大手の消費者金融系のカードローンを利用した方がいいのです。

学生が審査を通すための重要なポイント

学生でも審査に通過するためには以下の4つのポイントを押さえておきましょう。

まずは、アルバイトで収入があることです。定期的な収入があることがまず何よりの条件です。時給が低くとも高くとも大した違いはありません。とにかく、収入があることが大切です。

二つ目は、20歳以上であることです。20歳未満であれば、法律上親の同意があってもなくても、金融機関側から契約を取り消すことができますので、まず審査に通過しなくなってしまうでしょう。

三つ目は、借入希望金額を最小限にとどめることです。そもそも、学生であり、収入減がアルバイトだけ、というのは借り入れ条件自体は満たしているものの、審査に関しては不利な属性であることに変わりがありません。

ただ、審査はあくまでも総合評価で通過するかどうかが決定されます。ですので、別の要素で審査に通過し易くすべきなのです。
その内の一つが、借入希望金額を最小限にとどめることです。特に10万円以下の借り入れにしておくと、いくら不利であっても、審査に落ちることはそうそうありません。ですので、できることならば、10万円以下に収めておくようにするのがオススメだと言えます。

そして、最後の4つ目のポイントは、審査項目に嘘を記入しないことです。
嘘を記入すると審査に通過しなくなりますし、虚偽情報の記入は自身の信用情報に傷をつけてしまいます。
将来的にキャッシングができなくなってしまうこともありますし、何より今現在でもうま味は全くありません。ですので、きちんと本当のことを記入して申し込みをするようにしましょう。

学生が親や家族にバレずにお金を借りる事はできる?

家族にキャッシングがバレてしまう可能性があるのは、学生であっても社会人であっても変わりがありません。
学生ローンを使用していると、実家などの固形電話に掛かってくることもかるかもしれませんが、基本的に大手の消費者金融であれば、よっぽどの問題が無ければ自宅に電話がかかってくることはありません。主に長期的な遅延ですね。2か月、3ヶ月以上の遅延を行わないように、ちゃんと真面目に返済をするようにしましょう。
最も注意すべきことは、郵送物が届くことです。主にカードの郵送ですね。カードの郵送はWEB完結を利用すれば無くすことが出来ます。
WEB完結はネット上で申し込みから借入までを行うことができ、自宅からでも屋外からでも利用可能です。また、カードレスで借入ができることもありますので、カードの郵送も無くせます。なお、カードはその後無人契約機で発行しておくと、今後絶対に郵送されることはありませんので、覚えておきましょう。

なお、WEB完結の利用中であっても、延滞をすれば電話が来るか、郵送物か届くかしますので、こちらでも延滞の内容にしっかりとした返済計画を立てましょう。

キャッシングのせいで就職活動や内定に影響は出ない?

基本的に、金融機関はプライバシーの保護の観点から、内定先に借り入れが知られるようなことはあり得ません。
ただし、長期的な延滞をしている上に、延滞の電話に出ず、延滞の催促上などにも一切応じないままでいるような、悪質な対応をしてしまうと、内定先や就職先に知られてしまうこともあります。

その場合にはさらに給料の差し押さえなどの法的措置があることもあります。また、バイト先にも知られてしまいます。
学生の方であっても、一度でも借入をすれば返済をする責任が発生しますので、絶対に滞納などはせずに、ちゃんと毎月支払いをして、借金を無くすようにしましょう。

学生時代からきちんと返済をしていると、社会人になってから借り入れをするときに、審査に有利になったり、借入希望金額が多少高くても審査に通過するようになったりと、嬉しいメリットを得られる場合もありますよ。