公的機関 お金借りたい



公的機関からお金を借りる

公的機関の金融機関は、政府が経済発展や国際協力、産業の育成、国民の生活の安定などの一定の政策を実現するために設置した機関であり、非営利目的の金融機関となっています。

金利や審査基準などが低水準となっており、かなりお金を借りやすいシステムが取れるように運営されています。
借入ができるのは、零細小企業や、生活の苦しい国民、主にシングルマザーの方や収入の少ない方などとなっています。

生活福祉資金貸付制度とは?

生活福祉資金貸付制度は、都道府県社会福祉協議会を窓口として借入ができる、福祉や介護の借入です。

利子は連帯保証人を立てれば無利子となり、連帯保証人がなくとも1.5%となっています。審査の基準がかなり厳しく、審査時間には最低でも1ヶ月は掛かります。内容によって異なりますが、借入可能な金額は数万円から最大で580万円までとなっています。

こちらには、3種類の貸付金の制度があり、それぞれに「総合支援金」「福祉資金」「教育支援金」となっています。

総合支援金は、「生活再建のための資金」を借り入れることを目的としており、収入がなく、家賃なども払えないような状態の方を対象に借り入れをしています。

さらにこちらは細分化され、生活支援費、住宅購入費、一時生活再建費という3種類に分けられ、それぞれの目的に合せて限度額が変わります。それぞれ、最大で15万、40万以内、60万円以内となっています。

福祉資金は「一時的に必要な生活費や資金」を貸し付けることを目的としており、何かしらの事情でまとまったお金が必要となり、自身の収入では賄えないという方に対して借入をしています。

借入のために明確な理由が必要であり、それがないと借入は不可能です。どのような事情によって借入をするかで限度額は変わりますが、10万円以内から500万円台の借り入れができる場合もあり、それぞれの事情によって判断されます。

教育支援金は「高校や大学、専門学校に通うための資金」を貸し付けることを目的としており、進学のためのお金を自らの収入で賄えない人に向けて貸付されています。

学校ごとに毎月定額のお金が貸付され、3万5000円から6万5000円とバラバラになっています。就学支援費となると、50万円以内を一括で借入できることもあります。

それぞれに決まった条件があり、目的が限定されていますので、それに合った方法に利用しなければならず、利子が無くとも返済は必ずしないといけないので、意外と審査が厳しくなっていますので、注意しましょう。

福祉貸付を受けられるのはどんな条件の人?

福祉貸付を受けられる人の条件は全部で5つあります。

  • 一つ目の条件は低所得世帯である人です。
  • 低所得世帯は、所帯ごとの平均月収を下回っている世帯のことを指します。
    収入があることが条件ではありますが、平均所得よりも低ければ利用することが出来ます。

  • 二つ目の条件は他の制度を利用できないことです。
  • 他の制度とは「生活保護」や「奨学金」が含まれており、それらを受けていない場合には、それらを優先して使わなければならなくなります。当然、そちらを利用していれば福祉貸付を受けることはできないのです。

  • 三つ目の条件は、返済の見込みがあることです。
  • こちらは他のキャッシングと概ね変りませんね。健康であり、仕事に就いている、もしくは就けそうか、やる気があるか、資格を有しているか、などを職員が見て判断して見込みがあるかどうかを判断します。見込みがあるとされれば借り入れができます。

  • 四つ目の条件は、福祉貸付を申し込む都道府県に住んでいる事です。
  • 要するに、住民票がある都道府県内でしか、福祉貸付を申し込むことはできないのです。かといって、住民票がある場所に貸付を受けに行く、ということもできず、住民票がある場所と住所が同じでないと申し込みが出来ずに、借入ができないということになります。

  • 五つ目の条件は、「福祉貸付の連帯保証人になっていない」ことです。
  • こちらも当然のことですね。他人の保証人になっていると、その人にもしものことがあった際に、返済ができなくなる可能性があるわけですから、当然不可能です。

生活福祉資金貸付制度はなかなか難しい

このような生活福祉資金貸付制度ですが、先述した通り、条件がかなり厳しく設定されており、特に別の方法が優先される場合もありますので、なかなか借入をすることができません。

また、条件を満たしていたとしても、審査基準もまた厳しく、審査に時間もかかります。こちらも先述の通り1ヶ月間は最低で掛かってしまうので、今すぐにお金が必要という人達にとってはかなり大きなデメリットになってしまうかと思います。

ついでに言うと、手続き自体にも時間がかかります。どのような制度を利用したことがあるのか、現在失業しているかどうかなども必ずチェックされて、どの福祉貸付が適切かどうかも判断されますから、はっきりと言ってしまえばめちゃくちゃ面倒なのです。

ですので、もしも今すぐにでもお金を借りたい、特に少額融資でも構わないと言うのであれば、消費者金融などを利用した方がいい場合もありますので、あまり福祉貸付に拘りすぎないようにしましょう。