個人事業主がお金を借りたいと思ったら

女性

女性

個人事業主は、いわゆる給与が無く安定収入がありません。
ですが、安定収入が無くともある程度の収入があれば個人事業主でも、お金借りることは不可能ではありません。
そのあたりは個人と同じ感覚なんですよ。

個人事業主がお金を借りる方法は、主に三つあります。

  • 1.銀行から融資してもらう
  • 2.ビジネスローンで融資してもらう
  • 3.日本政策金融公庫から融資してもらう

まずは、銀行から融資をしてもらうこと。二つ目は、消費者金融などのビジネスローンで融資をしてもらうこと。最後は日本政策金融金庫から融資してもらうことです。

こちらを利用する際は主に事業に関わるお金の借入ですね。普通の個人的に使うような借れであれば、審査に通過するのが少し難しくなってしまうこともありますが、金額によっては十分に審査に通過することは可能です。

さて、それでは上記に挙げた、事業用のお金を個人事業主が借りる際の方法を詳しく見ていきたいと思います。

個人事業主が銀行から融資をしてもらう方法

まずは銀行から融資をしてもらう場合ですね。
銀行から借り入れをする際には、無担保での融資、事業用の車を担保にしてもらっての融資、特定の業種向けの融資、の三種類の融資があります。

無担保での融資を受ける方法は、基本的には普通の銀行カードローンと同じですね。ただ、個人事業主が借入をする場合には、月商の約3倍くらいの値段までしか融資を受けられないとも言われています。

もしも、事業でトラックやバスなどを使用している場合、その車を担保として融資をしてもらうことも可能です。もちろん、普通にお金を借りる場合と比較して、借りられる金額は高くなりがちです。一般的にはトラックローン、などという名前で呼ばれていることが多いですね。当然のことですが、トラックやバスがなければ利用することができないので、融資を受けられる人が限られてしまいます。

また、同様に融資を受けられる人が限られてしまうのが、農業や漁業関係の仕事をしていると受けられる、特定の職業向けの融資です。
これらの業種は融資がかなり必要で、年々関わる人達の人口も減っていますので、国が先導を切ってお金を貸すように制度が整えられ、融資を受けられるようになっています。

個人事業主がビジネスローンで融資をしてもらう方法

ビジネスローンとは、いわゆる消費者金融から受ける事業用のローンの事です。消費者金融からであり、消費者金融は預金業務を全く行っていないために、ノンバンク系のローンとも言われています。

さて、このビジネスローンのメリットですが、まず第一に挙げられるのは、消費者金融が用意している金融商品らしく、審査の結果が出て来るまでの時間が短いことが挙げられます。中には即日融資までも可能なところもあるくらいなので、待たされる時間は短くて済むでしょう。

二つ目のメリットは、審査に通過し易い事です。もちろん、落ちるときは審査に落ちてしまいますが、それでも銀行と比べると融資を受けやすいと言われています。

そして、最後のメリットは担保や保証人が不要で、総量規制の対象外でもあることです。
担保や保証人に関しては、消費者金融ですので不要になるのは当然のことですが、総量規制の対象外となるのは非常に珍しいです。むしろ、消費者金融ですので、総量規制の対象になると思われがちですが、こちらもおまとめローンと同じく、利用者のためのローンであり、金融機関が著しく儲けるためのローンでもないために、対象外となるようです。

個人事業主が日本政策金融公庫から融資をしてもらう方法

日本政策金融公庫は、簡単に言えば零細小企業のために国が用意した、低金利で借入することができる金融機関のことです。

上記に挙げた消費者金融や銀行と比較しても金利が低い事で広く知られています。それも当然で、これから新たな事業を始めようとしている人を中心に融資の対象としており、自身の利益ではなく、融資を受けさせた事業者や企業が発展するようにすることが目的として運営されているからです。

金利率が低いだけではなく、最近ではインターネットでも申し込みをすることもでき、申込みの手間もかなり少なくなりました。他にも担保なしでも借入をすることも可能ですので、割と気軽に借入をすることが可能です。もっとも、審査に掛かる時間が長く、最低でも3週間は待たされますので、早く融資してもらいたい人にはあまり向いてはいません。

個人事業主は消費者金融系のカードローンでは融資が無理?

さて、上記に挙げたのは全て事業のための借入方法でしたが、最後に通常の融資についても少し触れておきましょう。

個人事業主であっても、個人での借入であれば、収入があることが条件に借り入れをすることは可能になっています。ただし、審査の属性に関しては、サラリーマンや公務員などと比べると低く、アルバイトや契約社員の方などに近しい属性を持っていることになります。

収入がそれなりに高ければ、審査に通過し易くもなりますが、金融機関側からすれば収入が高い事ではなく収入を安定的に得ていることを加味して審査を行っていますので、仕方のないことだと言えます。

それでも、借入希望金額に無理がなければ、借りること自体は全く問題はありません。ですので、個人事業主の方でも、生活のためにお金が必要ならば、消費者金融や銀行カードローンの審査を受けてみてはいかがでしょうか。