おまとめローン



おまとめローンとはどんなローンなの?

おまとめローンとは、現在抱えている複数の金融機関から借り入れしている借金を、一つの金融機関からの借り入れとしてまとめるためのローンです。多重債務を一社からの借金にすることで、このことを借金の一本化といい、おまとめローンは一本化するための専用のローンとなります。
おまとめローンをすることは、結局は借金が無くならず、現在の借金の金額が減るわけではありませんが、おまとめローンをするだけのメリットはあります。

最近では、アイフルの「おまとめMAX」「かりかえMAX」をはじめとした、おまとめローン専用の金融商品を消費者金融や銀行カードローンでも提供しており、かなり注目されていることが分かります。

おまとめローンのメリットとデメリットについて

おまとめローンのメリットとデメリットには一体どのようなものがあるのでしょうか。
まずは、おまとめローンのメリットを見ていきましょう。

まず第一に挙げられるのは、返済期日が月1回にまとめられるというメリットです。
複数社から借り入れをしていると、毎月の末に何日かに分けて返済をしなければならなくなるのですが、どこにどれだけのお金を返済するか、何日が返済日なのか、などなどがごちゃごちゃになってしまうので、かなり面倒です。

しかも、それぞれに手数料が発生すると、手数料もかさんで返済を続ければ続けるほどに負担が大きくなってしまいます。
ですが、おまとめローンを利用すれば毎月一社にだけ返済できるようになり、日にちもごちゃごちゃになりませんし、発生する手数料も少なくすることができます。

二つ目のメリットは毎月の返済額を少なくできる可能性があることです。
むろん、総額の返済額は変化はありませんが、毎月の負担を少なくできれば、多重債務に苦しんでいたころと比べるとかなりまともな生活を送れるようにもなります。生活の立て直しができるようになるんですね。

三つ目のメリットは、ローンの金利を少なくできることです。
こちらはおまとめローンの一番のメリットだと言えます。例えば、金利率が18%の複数の金融機関から借り入れをしていて、おまとめローンをする際に金利率が10%の金融機関を選んだ場合、当然まとめたときに金利率は8%も下がることになりますね。また、複数社から借り入れをしているために、金利率もバラバラになっているので、どのくらいの金利で、どのくらいの利息が発生するのかが分かりやすくなる、と言う点でもメリットがあると言えるでしょう。

では、次はデメリットを見てみましょう。

まずは、約定返済額が少なくなる場合があることです。約定返済額は、引き落としで返済のために支払われる金額のことです。 こちらが少なくなる、ということはそれだけ返済期間が長くなってしまうことでもあります。

そもそも、金融機関からすればおまとめローンで貸し付けるメリットはそこまでありません。あるとすれば、他社が得ていた筈の利息を自社に移す、奪い取ることができるくらいです。

そして、利息は返済期間が長い方が多く発生しますので、おまとめローンで利益を出すために、約定返済額を少なくして、利息をたくさん取ろうとする傾向にあるのです。つまりはそれだけ多くのお金を支払うことになってしまうので、デメリットの一つだと言えるでしょう。

二つ目のデメリットは、過払い金請求ができないことです。もしも、多重債務の状態のときに過払い金が発生していたとして、それをおまとめローンで一本化してしまうと、過払い金の分も新たな借金として借り入れることになるので、過払い金が無かったことになってしまうのです。そのため、過払い金請求ができなくなり、結果的に損をしてしまう可能性があるのです。

そして、最後のデメリットは、おまとめ後に債務整理をするときに影響があるかもしれないということです。
そもそもおまとめローンは返済を前提としているものです。おまとめローンをした後にも債務整理はできないことはありませんが、その債務整理で一番損を喰ってしまうのは、おまとめをした一社の金融機関となります。そのため、債務整理がし辛くなったり、できたとしても返済義務の残る任意整理か個人再生くらいになるでしょう。

おまとめローンの審査は厳しいの?

おまとめローンは、かなり多額のローンになります。100万円を超えることは容易にあるでしょう。
そのため、審査はかなり厳しくなります。即日融資もそうそうできず、審査が比較的甘い消費者金融でもおまとめローンをする際には、審査に通過するのはかなり困難になります。ですが、借金が減る可能性がありますので、多重債務に苦しんでいるのならぜひとも一度は挑戦してみるべきだと言えるでしょう。

おまとめローンで今の借入額以上に借りることができるの?

おまとめローンでの借り入れは、現在借り入れをしている利息を含めた借金の総額に限られています。
ですので、現在借りている金額以上のお金を借りることはできません。
もしも、さらにお金を借りたいのであれば、また別の金融機関から借りるなどしなければなりませんが、おまとめローンをしているとなかなかお金が借りられません。

おまとめローンをしていることも信用情報に残りますので、多額の借金を背負っている人だと丸わかりなんですね。
なので、審査に通過し辛いので、できることならおまとめローンをした時点でこれ以上の借入はしないようにした方がいいのです。

おまとめローンと総量規制の関係について

総量規制は消費者金融から借り入れをする際に年収の三分の一以上の借入はできないと言う制度ですが、おまとめローンの場合はこの総量規制の対象外になります。
おまとめローンを利用される方はかさむ利息もあって、年収の三分の一以上にまで借金が膨れ上がっている人が多く、総量規制を守っていたら何の意味もないのです。

また、消費者金融系のおまとめローンは総量規制の例外規定の「顧客に一方的に有利となる借り換え」、つまりは金融機関が有利となる借入ではなく、利用者のための借入となるので、総量規制を越えても大丈夫と決められてもいるのです。